A-Lab Exhibition Vol.10
まちの記憶
 
 本展覧会は2015年に開催されたあまらぶアートラボ「A-Lab」オープニング展覧会「まちの中の時間」をキックオフとする一連のプロジェクトによるものです。
 「まちの中の時間」プロジェクトとは、オープニング展覧会に出展したヤマガミユキヒロ氏・小出麻代氏・田中健作氏の3名の作家たちが、展覧会終了後、尼崎の中でおよそ1年間のフィールドワークやリサーチに取り組み、「まちに流れる時間」をテーマに順次個展として発表するものです。今回の田中氏の展覧会は昨年10月に開催したヤマガミ氏の個展「ロケーション・ハンティング」、今年3月に開催した小出氏の個展「うまれくるもの」に続く、3つ目の展覧会となります。
 尼崎市は兵庫県南東部に位置し、南は大阪湾に面し、住宅地・商業地・工業地が混在し、人もまちも多様性溢れるエネルギッシュで魅力なまちです。本展覧会では、作者自身が生まれ育った尼崎のまちと自身を重ね合わせた、尼崎をテーマにした作品、まち・記憶という普遍的なテーマでこれまでに制作してきた作品、作者が近年取り組んでいる「LIFEISLIGHT」というアーティストユニットで制作した作品の大きく3つの展開で作品を発表します。また、市民の方がワークショップで制作した作品も、展示の一部となります。
 
田中健作
1987年生まれ、兵庫県尼崎市出身。 これまで、マスメディアから得た情報と現場で感じたギャップをテーマにメディアを問わず作品を発表してきた。主な展覧会に2011年 個展 “Foot-and-Mouth Disease”みやざきアートセンター、宮崎 / 2014年 個展 “Tsunami Scars”ニコンプラザ仙台フォトギャラリー、宮城/ 2012年 個展“The 4th Dali International Photography Exhibition”日本館、大理・中国など。国内外で個展・グループ展多数。2012年には中国で開催された国際写真祭で、日本人として唯一“Asia Pioneer Photographer Award”の10人に選出され、世界巡回展に参加。 ウェブサイト http://www.kensakutanaka.com

会期
2017年10月14日(土)〜11月23日(木)
開館時間
(平日)11時〜19時
(土日祝)10時〜18時 ※火曜日休館
会場
あまらぶアートラボ「A-Lab」(尼崎市西長洲町2-33-1)
入場料
無料
 
関連イベント
①ワークショップ「プロジェクションマッピングを身近に」
  “プロと一緒に尼崎をモチーフにした素材でデジタルアートに挑戦”
 日時 10月21日㈯ 午後1時 ー 午後3時(事前申込制)
 対象 10歳以上
 定員 5名
 講師 北川淳一(メディアクリエイター)
 
②ワークショップ「想い出のシャボン玉」
  “市内で撮影した写真を持参し、思い出と共に作品にして残そう”
 日時 10月28日㈯ 午後0時 ー 午後2時(事前申込制)
 対象 10歳以上
 定員 10名
 講師 麻野匠子(写真家)
 
③ワークショップ「光る洞窟壁画」
  “施設内に洞窟が出現、光で浮き上がる壁画をみんなで描こう”
 日時 11月5日㈰ 午後0時 ー 午後2時(事前申込制)
 対象 8歳まで(保護者同伴)
 定員 15名
 講師 LIFEISLIGHT(アートユニット)
 
※ワークショップ申込は電話で市役所シティプロモーション事業担当
(06-6489-6385)まで
 
主催
尼崎市
協力
ベイ・コミュニケーションズ 
芸術文化振興基金助成事業 / 関西元気文化圏参加事業 / 関西文化の日参加施設 / beyond2020参加事業
 

A-Lab Exhibition Vol.11 園田学園女子大学つながりプロジェクト

野原万里絵個展
☐△も積もればとなる
 
本展はA-Labでは初めて、地域の大学と連携して取り組む展覧会です。
園田学園女子大学内の遺跡発掘現場の考古学資料から着想を広げ、作家と学生が協働作業で作り上げた作品を展示します。弥生時代から現在に至るまでの尼崎の人々の生活から収集した痕跡や、時が蓄積したシルエットから、“まちの形”などを表現したインスタレーションを展開します。なお、製作過程にはインスタグラムを活用し、インスタグラムへの投稿は会期中、広く一般の方からも受付け、そこから収集した“形”も作品に活かしていく予定です。
 
つながりプロジェクト「みんなでつくる展覧会」とは
文部科学省が実施する、大学が地域や地元企業、自治体と連携し、地域志向の教育、研究、社会貢献の為の人材や情報・技術が集まる拠点となることを目指す「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)。同プロジェクトは、これに採択された園田学園女子大学が学部学科を横断して行う問題解決型プログラムとして実施するもの。「みんなでつくる展覧会」は21講座あるプロジェクトの中の一つで、今回15人の学生が参加している。
 
野原万里絵
大阪府出身。京都市立芸術大学美術学部美術科油画専攻を卒業。
2012年ロンドンのRoyal College of Artへ交換留学。
2013年に、京都市立芸術大学大学院 美術研究科絵画専攻 油画 修了。
 
会期
2017年12月9日(土)〜2018年1月28日(日)
年末年始12月29日(金)~1月3日(水)は休館
 
開館時間
(平日)11時〜19時
(土日祝)10時〜18時 ※火曜日休館
 
会場
あまらぶアートラボ「A-Lab」(尼崎市西長洲町2-33-1)
 
入場料
無料
 
関連イベント
■アーティストトーク
日時:平成29年12月16日(土) 午後3時から
   兵庫県立美術館学芸員・江上ゆか氏を迎え、出展作家とのトークイベントを実施。
   定員先着30名。参加無料、申込不要。 
 
■1日公開製作&ワークショップ
日時:平成29年1月13日(土) 午前10時半からと午後2時半から
    出展作家と一緒に、壁に様々な形を張り重ね、作品を広げていきます。
   どなたでも参加できます。参加無料、申込不要。
 
主催
尼崎市
 
協力
ベイ・コミュニケーションズ