【次回展】

37_hp_2.jpg

デザイン|芝野健太
写真撮影|守屋友樹

 

 

プレスリリースはこちら

 A-LAB Exhibition Vol.37

第一回白髪一雄現代美術賞受賞者 林葵衣 個展
「有り体を積む
 
 第一回白髪一雄現代美術賞を受賞した林葵衣による展覧会「有り体を積む」を開催します。林は普段、音声や身体のふるまいに独自の形を与え、色彩の残像や音声の保存をテーマに、目に見える形を提示する作品を制作しています。今回の受賞をきっかけに、新たに足を踏み入れた尼崎で、土地を自身で歩き、まちについてリサーチを行いました。その中で見えてきた尼崎の歴史の積み重ねと自身の経験の積み重ねが交わる部分に着目し、新たな制作に取り組みました。有り体に尼崎のまちの姿をうつしながら、林のふるまいが残す痕跡から見えてくる新しい視点を感じてみてください。
 
 
  会期=2023年2月23日(木)-2023年3月31日(金)
開館時間=(平日)11:00-19:00、(土・日・祝)10:00-18:00
 休館日=火曜日(3月21日開館、翌日22日休館)
 入場料=無料
  主催=尼崎市
  協力=ベイ・コミュニケーションズ
 
 
【出展作家】
林葵衣
 
【関連イベント】
 
-アーティスト・トーク-
 
3月19日(日)午後2時〜午後4時、美術家今井祝雄氏をゲストに迎え、林葵衣さんとのトークイベントを開催いたします。
 
定員先着15 人。メール(amalove.a.lab@gmail.com) で申込必要。
イベント名・氏名・年齢・電話番号・人数を明記ください。
 
-ワークショップ-
 
1.「声のかたちをつくってみよう」
口紅や紙粘土を使って、声のかたちを色々な方法で残してみましょう。
あなたの好きな言葉や残したい言葉をお考えのうえご参加ください。
 
日時:2023年3月4日(土)、18(土) 14:00-16:00
場所:A-LAB
定員:各回先着10名まで
対象:5才以上(未就学児は保護者同伴)
 
2.「はだしの地図をつくってみよう」
はだしで歩き、感触をフロッタージュと言葉でメモして、あなただけのはだしで歩いた地図を一緒に作ってみましょう。
 
日時:①2023年3月5日(日)、②3月21日(火・祝) 14:00-16:00
場所:①A-LAB、②小田南生涯学習プラザ
定員:各回先着10名まで
対象:5才以上(未就学児は保護者同伴)

 <申し込み方法> *申込受付は2月4日から!!

メールか直接文化振興課窓口まで。
 
*メールでの申込の場合、「ワークショップ名」「日程」「氏名(保護者同伴の場合は保護者も)」「住所」「年齢・学年」「電話番号」を記載してください。
 
*応募者多数の場合は抽選
 
 
 
 
<問い合わせ先>
 
尼崎市文化振興課
電話06-6489-6385
FAX06-6489-6702
 
なお、新型コロナウイルス感染症の状況によってはイベントを延期・中止することがあります。最新の情報はホームページをご確認ください。
 
 
【注意事項】 
会場では新型コロナウイルス感染予防および拡大防止対策を実施しております。
会場入口付近にも設置しておりますので、ぜひご鑑賞前にご一読いただければ幸いです。
皆様のご理解・ご協力をお願い致します。 
 
 

【出展作家プロフィール】*作品画像は参考画像です。展示されるものとは限りません。

pro_hayashi.jpg

 
林 葵衣 Hayashi Aoi
 
1988 年 京都府生まれ。
2013 年 京都造形芸術大学修士課程修了
 
音声をはじめとする身体のふるまいに独自の形を与え提示している。
 
 
【受賞歴】
2022 「第1回白髪一雄現代美術賞」
2015 「第63回芦屋市展」 吉原賞
 
【主な個展】
2022 「息骨に触れる」、KUNSTARZT、京都
2020 「息差しの型取り」、+2、大阪
2020 「一振りの音」、+2、大阪
2020 「遊動躰」、Gallery PARC、京都
他多数
 
【主なグループ展】
2020  2020年度第4期常設展「画家の痕跡」、高松市美術館、香川
2018 「VOCA展」上野の森美術館、東京
他多数

hp_05_2017年個展「声の痕跡|Trace of voice」_会場風景.jpg

「声の痕跡/Trace of voice」| KUNST ARZT 京都 2017 | 撮影 守屋友樹


 

hp_05_《Phonation piece-internal-》160×80×60mm_ポリエチレン樹脂_2021.jpg

「Phonataion piece -internal-」| 2021 | 撮影 守屋友樹


 

hp_04_Cut-up of Voice《Koe》_サイズ可変_キャンバス、口紅_2020.jpg

「Cut-up of Voice 《Koe》」| 2020 


 

hp_03_パフォーマンス《躰の延長》_記録写真_2020.jpg

「Playing Body / 遊動躰」におけるパフォーマンス「躰の延長」林葵衣×今村達紀 記録写真| 2020 | 撮影 守屋友樹


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

A-Lab@Home、第2弾実施いたします!!】

 あまらぶアートラボ「A-Lab(えーらぼ)」ではこれまで若手アーティストによる展覧会やワークショップなどを開催しています。昨年度からは、芸術をより身近に感じ、楽しんでもらうため、市内各地に出向いてワークショップを開催する『A-Lab Go』を行っています。

 今回の新型コロナウイルスにおいて、緊急事態宣言は解除されましたが、未だ気が抜けない状況であり、感染拡大防止のために人を集めてワークショップを開催することが難しい中で、アートの力を活かしていく方法として、おうちでアーティストとふれあいながら楽しめる企画として、動画配信による“ワークショップ”の第2弾を実施します!

これまでA-Labで展示やワークショップなどを開催していただいた方を含む6組のアーティストが身近なもので作る工作教室や薪能についてなど外出のできない子どもたちに向けた、動画による“ワークショップ”を配信します!

また、前回に引き続き、オープニングとエンディングの音楽は、尼崎市在住であり、昨年ジュネーブ国際音楽祭の作曲部門で優勝した高木日向子さん作曲です。ぜひはじまりからおわりまで注目してご覧になってみてください!

  参加アーティストは、飯川雄大さん、築山有城さん、遠山敦さん、野原万里絵さん、薬師川千晴さん、能楽コーディネーターの山村貴司さんの計6名の方々です!

6月6日から、3週間、毎週2組ずつ、YouTubeチャンネル「あまがさき文化芸術情報局」(URL: https://www.youtube.com/channel/UClcR4XK-JIDMiF_9j3-Pmjg)で動画配信していきます。

 

タイトルか画像をクリックしていただくと動画をご覧いただけます。

 ▷6月6日【A-Lab@Home#6】築山有城「水玉封筒を作ろう」

#6サムネ.jpg

 

 ▷6月7日【A-Lab@Home#7】飯川雄大「四コマ漫画を描くぞ!!」

#7サムネ.jpg

4コマ特訓シート1のダウンロードはコチラ

画像をクリックしていただくとダウンロードいただけます。

1.png

4コマ特訓シート2のダウンロードはコチラ

3つの画像をそれぞれクリックしていただくとダウンロードいただけます。

2.png   3.png   4.png

2-1                                  2-2                                2-3

 

 

▷6月13日【A-Lab@Home#8】山村貴司「尼崎と薪能 初級編」

#8サムネ.jpg

▷6月14日【A-Lab@Home#9】遠山敦「お部屋に浮かぶ、とりモビールづくり」

#9サムネ.jpg

 ▷6月20日【A-Lab@Home#10】薬師川千晴「左右対称の切り絵を作ろう!」

#10_薬師川サムネ.jpg

▷6月21日【A-Lab@Home#11】野原万里絵「家を彩る絵・手作りの額」

#11サムネ.jpg

 

そして第1弾のA-Lab@Homeの配信動画もご覧いただけますので、まだご覧になっていない方は是非こちらもチェックしてみてください!!

 
 

 


 

ヴィジュアル・アイデンティティ投票結果発表!

A-Lab Exhibition Vol.22「アイデンティティのキキ」ではお越しいただいた皆さんによるA-Labのヴィジュアル・アイデンティティ3案の人気投票を行っていましたが、この度結果を発表いたします。

最も投票が多かったのは、グレゴリー・アンボスさんと鈴木哲生さんの案でした。

投票結果.jpg