〜終了致しました〜

 

tirasi_hp.jpg 

 


 

A-Lab Exhibition Vol.28

 

新鋭アーティスト発信プロジェクト
「A-Lab Artist Gate 2021」

 尼崎市が運営するアートスペース「A-Lab」で毎年開催している「ArtistGate」。本プロジェクトは今後活躍が期待される若手アーティストによるグループ展です。今春、大学を卒業か、大学院を修了し、新たなステップに羽ばたこうとしている若手アーティストを紹介します。 

  会期=2021年5月15日(土)-2021年6月20日(日)
開館時間=(平日)午前11時~午後7時、(土・日・祝)=午前10時~午後6時
 休館日=火曜日
 入場料=無料
  主催=尼崎市
  協力=ベイ・コミュニケーションズ
 
 
【出展作家/ジャンル】 
 
河原雪花 / アニメーション
鈴木大晴 / テキスタイル
鐵羅佑 / 立体
藤本純輝 / 絵画
茂木山スワン / 写真
山下茜里 / 染織

 

【関連イベント】

おかけんたさんと出展作家のトーク

 5月30日(日)午後3〜5時、タレントで、アートプランナーでもあるおかけんたさんを進行役に迎え、出展作家とのトークイベントを開催します。定員先着15人。申し込み必要。無観客ライブ配信に変更 

 

映像と音楽のライブイベント

 6月13日(日)、(1部)午後3時〜3時20分、(2部)午後4時〜4時20分「青い城」を制作した出展作家・河原雪花がこの作品で音楽・音響を担当した小林奏子と、映像と音楽のライブイベントを開催します。定員各部5名。申し込み必要。 

【申し込み方法】

いずれも申し込みはメールか電話、ファクスで。5月15日から受付ます。なお、新型コロナの状況によっては、イベントの延期・中止することがあります。最新の情報はA-Labのホームページ、フェイスブックをご覧ください。

Mail : amalove.a.lab@gmail.com 

TEL / FAX :  06-7163-7108

 

【イベントに関するご案内】 

【関連イベント②映像と音楽のライブイベント】
*定員に達したため申込受付を終了いたしました。
 
 
当イベントにつきまして、10名を定員に一度の実施を予定しておりましたが、
 新型コロナウイルスの状況を鑑みまして、会場が密になることを回避するため、
2部制で各回定員最大5名での実施に変更致します。 
 
詳細等はA-Labのfacebookやホームページにて更新しお知らせいたしますので
よろしくお願い申し上げます。
 
【お問い合わせ先】
尼崎市文化振興担当
tell:06-6489-6385
あまらぶアートラボ「A-Lab」
tell:06-7163-7108
 
【関連イベント②映像と音楽のライブイベント実施に伴うご案内】
 6月13日(日)は、ライブイベントの実施に伴い、展示室room3の河原雪花さんの作品が12時頃から準備のため作品をご覧いただけない時間帯がございます。(準備が完了次第、ライブまでの間入室いただけます。)ライブイベント中は、room3への入室はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
 
 
【注意事項】 
会場では新型コロナウイルス感染予防および拡大防止対策を実施しております。
会場入口付近にも設置しておりますので、ぜひご鑑賞前にご一読いただければ幸いです。
皆様のご理解・ご協力をお願い致します。 
 
 

 

【出展作家プロフィール】*作品画像は参考画像です。展示されるものとは限りません。

kawahara.JPG

河原 雪花 Kawahara setsuka

1997年生まれ。大阪府出身。
2021年京都市立芸術大学院美術研究科絵画専攻構想設計 修了。
 
【受賞歴】
2021 「京都市立芸術大学作品展」市長賞
2019 「Prague Youth Film Festival」短編部門最優秀賞
 
【主な展覧会】
2019 ワルシャワ、クラクフ、ブロツワフ、ポズナンのイベントにて上映、ポーランド
2019 「CuBerry’s Movie」、bgm gallery and shop、京都
 

作品写真1.JPG

河原雪花 |『青い城』| 2021

 

suzuki.JPG

鈴木 大晴 Suzuki daisei

1998 年生まれ。京都府出身。
京都精華大学テキスタイルデザインコース卒業。
 
 【受賞歴】
2021 「ユスカル!2020 アート部門」大賞
2021 「京都精華大学展2021」学長賞
 
【主な展覧会】
2021 「Heavenly Ams」、京都Media Shop、京都

image2.JPG

鈴木大晴 |『愛とやすらぎのために』| 2020

 

 

mogiyama.JPG

茂木山 スワン Mogiyama swan

1998 年生まれ。北海道出身。
大阪芸術大学写真学科卒業。
大阪芸術大学大学院デザイン領域在学中。
 
【受賞歴】
2021 「大阪芸術大学卒業制作展」優秀賞(富士フィルム賞)
2019 「芦屋写真展」入選
2019 「仁川東アジア文化都市写真映像フェスティバル」金賞

06850020.JPG

茂木山スワン |『shake shake hell』| 2021

 

 

tetsura.JPG

鐵羅 佑 Tetsura yu

1998 年生まれ。愛知県出身。
京都精華大学芸術学部造形学科立体造形コース卒業。
京都精華大学大学院修士課程在学中。
 
【主な展覧会】
2021 「京都精華大学卒業制作展」、京都精華大学、京都
2020 「京都精華大学立体造形コース進級展」、京都精華大学、京都
2019 「三人展」
2019 「京都精華大学立体造形コース秋展」、京都精華大学、京都

IMG_4267.JPG

鐡羅佑 |『裂かれて生く』 | 2021 

 

fujimoto.JPG

藤本 純輝 Fujimoto atsuki

1997 年生まれ。三重県出身。
京都芸術大学大学院芸術研究科修士課程
芸術専攻美術工芸領域油画分野修了。
 
【受賞歴】
2021 「ARTIST’S FAIR KYOTO 2021」 Akatsuki ART AWARD 優秀賞
 
【主な展覧会】
2021 「ART!ART!OSAKA」、大丸梅田店、京都
2021 「DAWN-EXPOSITION 2021.04-」、GINZA SIX 6F 蔦屋書店、東京
2021 「Group show」、Gallery Shop Marco、大阪
2021 「ARTIST’S FAIR KYOTO 2021」、京都文化博物館、京都
2020 「クロスフロンティア京都芸術大学美術工芸学科選抜展vol.1」、ワコールスタディーホー
ル京都、京都
2020 「100 人10」、ログズビル、東京
2020 「SHIBUYA STYLE vol.14」、西武渋谷店、東京

Garden.JPG

藤本純輝 |『Garden』| 2020

 

 

yamashita.JPG

山下 茜里 Yamashita akari

1997 年生まれ。大阪府出身。
2021 年京都精華大学博士前期課程修了。
 
【受賞歴】
2021 「第2 回丹波アートコンペディション」大賞
2018 「第14 回世界絵画大賞展」入選
2017 「第55 回兵庫県展」部門大賞(知事賞)工芸部門
 
【主な展覧会】
2021 「PICKS」、サテライトスペース Demachi、京都
2021 「京都精華大学修了制作展2021」、京都精華大学、京都
2020 「YAMASHITA Akari solo exhibition-BORDER-」、KUNST ARZT、京都
2020 「YAMASHITA Akari solo exhibition-PANOPTICON-」、gallery marine、京都
2020 「創造的ドローイング祭+ インスタレーション」、京都精華大学、京都
2019 「京都精華大学卒業制作展2019」、京都精華大学、京都
2019 「第22 回染・清流展」、染・清流館、京都
2019 「祈り-9stories-」、gallery marine、京都
2018 「femata」、アートギャラリー北野、京都
2018 「SEIKA-Jack」、ギャラリーフロール、京都
2017 「いとから展」、gallery marine、京都
2016 「Textile performance」、京都精華大学、京都

Bullet-弾眼-.JPG

山下茜里 |『Bullet - 弾眼』| 2021

 

 

 
 
 
 
 


 

A-Lab@Home、第2弾実施いたします!!】

 あまらぶアートラボ「A-Lab(えーらぼ)」ではこれまで若手アーティストによる展覧会やワークショップなどを開催しています。昨年度からは、芸術をより身近に感じ、楽しんでもらうため、市内各地に出向いてワークショップを開催する『A-Lab Go』を行っています。

 今回の新型コロナウイルスにおいて、緊急事態宣言は解除されましたが、未だ気が抜けない状況であり、感染拡大防止のために人を集めてワークショップを開催することが難しい中で、アートの力を活かしていく方法として、おうちでアーティストとふれあいながら楽しめる企画として、動画配信による“ワークショップ”の第2弾を実施します!

これまでA-Labで展示やワークショップなどを開催していただいた方を含む6組のアーティストが身近なもので作る工作教室や薪能についてなど外出のできない子どもたちに向けた、動画による“ワークショップ”を配信します!

また、前回に引き続き、オープニングとエンディングの音楽は、尼崎市在住であり、昨年ジュネーブ国際音楽祭の作曲部門で優勝した高木日向子さん作曲です。ぜひはじまりからおわりまで注目してご覧になってみてください!

  参加アーティストは、飯川雄大さん、築山有城さん、遠山敦さん、野原万里絵さん、薬師川千晴さん、能楽コーディネーターの山村貴司さんの計6名の方々です!

6月6日から、3週間、毎週2組ずつ、YouTubeチャンネル「あまがさき文化芸術情報局」(URL: https://www.youtube.com/channel/UClcR4XK-JIDMiF_9j3-Pmjg)で動画配信していきます。

 

タイトルか画像をクリックしていただくと動画をご覧いただけます。

 ▷6月6日【A-Lab@Home#6】築山有城「水玉封筒を作ろう」

#6サムネ.jpg

 

 ▷6月7日【A-Lab@Home#7】飯川雄大「四コマ漫画を描くぞ!!」

#7サムネ.jpg

4コマ特訓シート1のダウンロードはコチラ

画像をクリックしていただくとダウンロードいただけます。

1.png

4コマ特訓シート2のダウンロードはコチラ

3つの画像をそれぞれクリックしていただくとダウンロードいただけます。

2.png   3.png   4.png

2-1                                  2-2                                2-3

 

 

▷6月13日【A-Lab@Home#8】山村貴司「尼崎と薪能 初級編」

#8サムネ.jpg

▷6月14日【A-Lab@Home#9】遠山敦「お部屋に浮かぶ、とりモビールづくり」

#9サムネ.jpg

 ▷6月20日【A-Lab@Home#10】薬師川千晴「左右対称の切り絵を作ろう!」

#10_薬師川サムネ.jpg

▷6月21日【A-Lab@Home#11】野原万里絵「家を彩る絵・手作りの額」

#11サムネ.jpg

 

そして第1弾のA-Lab@Homeの配信動画もご覧いただけますので、まだご覧になっていない方は是非こちらもチェックしてみてください!!

 
 

 


 

ヴィジュアル・アイデンティティ投票結果発表!

A-Lab Exhibition Vol.22「アイデンティティのキキ」ではお越しいただいた皆さんによるA-Labのヴィジュアル・アイデンティティ3案の人気投票を行っていましたが、この度結果を発表いたします。

最も投票が多かったのは、グレゴリー・アンボスさんと鈴木哲生さんの案でした。

投票結果.jpg