【開催中

 

 


 

 

hp_384p_200dpi.jpg

 

A-Lab Exhibition Vol.27

 YU SORA(ユ・ソラ)「普通の日」

 

  会期=2021年2月23日(火・祝)-2021年3月31日(水)
開館時間=(平日)午前11時~午後7時、(土・日・祝)=午前10時~午後6時
 休館日=火曜日(2月23日(火)は開館)
 入場料=無料
  主催=尼崎市
  協力=ベイ・コミュニケーションズ

 

 この度、あまらぶアートラボ「A-Lab」(えーらぼ)では、「普通の日」展を開催します。出展作家で韓国出身のアーティストYU SORA(ユ・ソラ)が近年取り組んでいる作品は、原寸大の家具や電化製品などを真っ白な布と黒い糸で包み込む世界です。一見するとクールで非日常的な空間が広がっているように見えます。しかし、その空間に足を踏み入れると、人の息遣いと温かさ、優しさのようなものを感じます。それは、モチーフが、私達の身の回りにある見慣れたものだからかもしれません。柔らかい布で覆われているから、または、布を縫う手仕事から手触りを感じるからかもしれません。根底に流れているのは、彼女が紡いでいる、生きている「普通の日」があるからではないでしょうか。そこには確かな日常があり、「生」があります。真っ白な布に黒い糸。色が着いていないそれらは、観た人が色を着けた「普通の日」を入れる容れ物の役割を持っています。

 コロナ禍以降、新しい日常という言葉が聞かれるようになりました。日常に新しいや古いという概念がふさわしいかわかりません。しかし、スマートフォンでコミュニケーションを取り合うことは、わずか十数年前では日常ではなかったように、私達の日常が変わり続けてきたことは間違いないです。日常を作っているのは「普通の日」の積み重ね。日常が変わっても、そこに人は生きています。続いていく「普通の日」がそこにあります。彼女の作品は縫い終わりの処理をしていません。そう、何も終わってないのです。「普通の日」はそれぞれの時間の中でずっと続いているというメッセージのようにも感じます。 A−Labは、1階が保育所であるように、人々が日常を過ごしているまちの中に埋没しているアートスペースです。生活感を感じる普通の場所でYU SORAが作り出す「普通の日」を感じて欲しいです。今回、A-Labでは立体作品だけでなく、布を支持体にした平面作品、木彫作品、そして尼崎の風景のドローイングなどが展開されます。

  

【関連イベント】

名称未設定-1.jpg無人ワークショップ「私たちの住んでいる家」

 展覧会会場で参加者は自らの日常生活の場所を振り返り、住んでいる部屋の間取り図を描きます。広さを間違えたり、描き忘れるスペースがあるかもしれません。普段の生活の中で見ているからこそ、分からなくなってしまうこともあります。じっくり考えて描いたり、家族で話し合いながら描いたり、いつもの生活している場所の見方が変わるでしょう。そして、知らない誰かの部屋を覗き、どんな人か想像したり、共感したり、似ている人を探したりしてみてください。

*新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、ワークショップは無人で行われます。ご自由にご参加下さい。

 
【注意事項】 
会場では新型コロナウイルス感染予防および拡大防止対策を実施しております。
会場入口付近にも設置しておりますので、ぜひご鑑賞前にご一読いただければ幸いです。
皆様のご理解・ご協力をお願い致します。 
 

 

【出展作家プロフィール】*作品画像は参考画像です。展示されるものとは限りません。

hp_yu.jpg

撮影 加藤甫

YU SORA(ユ・ソラ)

1987年生まれ。韓国、京畿道出身。弘益大学彫塑科を2011年卒業、東京藝術大学大学院 彫刻科 修士課程を2020年修了。 白い布と黒い糸を使い、日常をテーマとした作品を作っている。家の中のものや姿を通して人の存在や生きている時間を語る。2010年からソウルと東京を中心とし、様々な展覧会に参加。日本での主な展覧会は「黄金町バザール2013」、個展「引越し」(YCC Gallery、横浜、2017年)、 Tokyo Midtown Award 2018、ROPPONGI ART NIGHT2019など。

帰るところ 中_ mixed media, installation_2020--04.JPG

YU SORA |『帰るところ』| 2020 撮影 加藤甫

 

 

 
 

帰るところ 中_ mixed media, installation_2020 --02.JPG

YU SORA |『帰るところ』| 2020  撮影 加藤甫

 

 

 
 

2019 Street Museum.JPG

YU SORA |『Street Museum 2019』 | 2019  撮影 加藤健

 

 

 
 

2018 些細な記念日Gallery Lotte個展.JPG

YU SORA |『些細な記念日』 | 2018 

 

 
 

2017YCC gallery-Ken Kato.JPG

YU SORA |『引越し』 | 2017 撮影 加藤健

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 


 

A-Lab@Home、第2弾実施いたします!!】

 あまらぶアートラボ「A-Lab(えーらぼ)」ではこれまで若手アーティストによる展覧会やワークショップなどを開催しています。昨年度からは、芸術をより身近に感じ、楽しんでもらうため、市内各地に出向いてワークショップを開催する『A-Lab Go』を行っています。

 今回の新型コロナウイルスにおいて、緊急事態宣言は解除されましたが、未だ気が抜けない状況であり、感染拡大防止のために人を集めてワークショップを開催することが難しい中で、アートの力を活かしていく方法として、おうちでアーティストとふれあいながら楽しめる企画として、動画配信による“ワークショップ”の第2弾を実施します!

これまでA-Labで展示やワークショップなどを開催していただいた方を含む6組のアーティストが身近なもので作る工作教室や薪能についてなど外出のできない子どもたちに向けた、動画による“ワークショップ”を配信します!

また、前回に引き続き、オープニングとエンディングの音楽は、尼崎市在住であり、昨年ジュネーブ国際音楽祭の作曲部門で優勝した高木日向子さん作曲です。ぜひはじまりからおわりまで注目してご覧になってみてください!

  参加アーティストは、飯川雄大さん、築山有城さん、遠山敦さん、野原万里絵さん、薬師川千晴さん、能楽コーディネーターの山村貴司さんの計6名の方々です!

6月6日から、3週間、毎週2組ずつ、YouTubeチャンネル「あまがさき文化芸術情報局」(URL: https://www.youtube.com/channel/UClcR4XK-JIDMiF_9j3-Pmjg)で動画配信していきます。

 

タイトルか画像をクリックしていただくと動画をご覧いただけます。

 ▷6月6日【A-Lab@Home#6】築山有城「水玉封筒を作ろう」

#6サムネ.jpg

 

 ▷6月7日【A-Lab@Home#7】飯川雄大「四コマ漫画を描くぞ!!」

#7サムネ.jpg

4コマ特訓シート1のダウンロードはコチラ

画像をクリックしていただくとダウンロードいただけます。

1.png

4コマ特訓シート2のダウンロードはコチラ

3つの画像をそれぞれクリックしていただくとダウンロードいただけます。

2.png   3.png   4.png

2-1                                  2-2                                2-3

 

 

▷6月13日【A-Lab@Home#8】山村貴司「尼崎と薪能 初級編」

#8サムネ.jpg

▷6月14日【A-Lab@Home#9】遠山敦「お部屋に浮かぶ、とりモビールづくり」

#9サムネ.jpg

 ▷6月20日【A-Lab@Home#10】薬師川千晴「左右対称の切り絵を作ろう!」

#10_薬師川サムネ.jpg

▷6月21日【A-Lab@Home#11】野原万里絵「家を彩る絵・手作りの額」

#11サムネ.jpg

 

そして第1弾のA-Lab@Homeの配信動画もご覧いただけますので、まだご覧になっていない方は是非こちらもチェックしてみてください!!

 
 

 


 

ヴィジュアル・アイデンティティ投票結果発表!

A-Lab Exhibition Vol.22「アイデンティティのキキ」ではお越しいただいた皆さんによるA-Labのヴィジュアル・アイデンティティ3案の人気投票を行っていましたが、この度結果を発表いたします。

最も投票が多かったのは、グレゴリー・アンボスさんと鈴木哲生さんの案でした。

投票結果.jpg