hp.jpg 

 


 

A-Lab Exhibition Vol.29

 

 
「乱太郎とグッズの世界 その弐」

 

市内在住の漫画家・尼子騒兵衛氏が原作の「忍たま乱太郎」は長年、老若男女に親しまれているテレビアニメです。そんな乱太郎たちはテレビを飛び出し、様々なグッズとして身近にあふれています。本展覧会では、これまでに製作されたものから、なかなかお目にかかることができないものまで多くのグッズを紹介させていただきます。昨年に「乱太郎とグッズの世界 その壱」としてグッズを約500点展示いたしましたが、今回はまだ紹介していないグッズを含めてより多くを展示いたします。これまでも、そしてこれからも広がっていく乱太郎たちの世界をお楽しみください。 

 
  会期=2021年7月17日(土)-2021年9月26日(日)
開館時間=午前11時~午後7時
 休館日=火曜日
 入場料=無料
  主催=尼崎市、尼子騒兵衛展実行委員会
  協力=尼子事務所、ベイ・コミュニケーションズ
 
落第忍者乱太郎 ©️尼子騒兵衛
忍たま乱太郎  ©️尼子騒兵衛/NHK・NEP
 
 
【注意事項】 
会場では新型コロナウイルス感染予防および拡大防止対策を実施しております。
会場入口付近にも設置しておりますので、ぜひご鑑賞前にご一読いただければ幸いです。
皆様のご理解・ご協力をお願い致します。 
 
 

amako_hp.jpg

尼子騒兵衛 (あまこそうべえ)

尼崎市生まれ、在住。1986年から2019年まで朝日小学生新聞に「落第忍者乱太郎」を連載。1993年NHKテレビアニメ「忍たま乱太郎」の放映により注目され、執筆、絵画展、講演活動と幅広く活躍する。現在も「忍たま乱太郎」は親子で楽しめ安心して見られる番組として支持され放映中である。 
 
【受賞歴】
2018 「尼崎市民芸術賞」
2001 「兵庫県芸術奨励賞」
1995「尼崎市民芸術奨励賞」

 

【参考画像】*画像は参考画像です。展示されるものとは限りません。掲載画像 ©️尼子騒兵衛/NHK・NEP

人形_hp.jpg

クッション_hp.jpg

はんこ_hp.jpg

便箋_hp.jpg