AAGNEXTSTEP_hp.jpg

プレスリリースはこちら

 A-Lab Exhibition Vol.34

「A-Lab Artist Gate NEXT STEP
 
尼崎市が運営するアートスペース「A-LAB」で毎年開催する新鋭アーティスト発信プロジェクト「A-Lab Artist Gate」。大学、専門学校を卒業、あるいは大学院を修了した若手アーティストによるグループ展として開催しています。本展覧会では、過去に「A-Lab Artist Gate」に出展いただいた若手アーティストがその後、どのようにステップを上がっているかを追いかけ、紹介することで、これからの活躍を応援します。
 
 
  会期=2022年8月20日(土)-2022年9月25日(日)
開館時間=(平日)11:00-19:00、(土・日・祝)10:00-18:00
 休館日=火曜日
 入場料=無料
  主催=尼崎市
  協力=ベイ・コミュニケーションズ
 
 
【出展作家】
吾郷佳奈、稲垣美侑、木原結花、大東真也 
 
 
 
【注意事項】 
会場では新型コロナウイルス感染予防および拡大防止対策を実施しております。
会場入口付近にも設置しておりますので、ぜひご鑑賞前にご一読いただければ幸いです。
皆様のご理解・ご協力をお願い致します。 
 
 

【出展作家プロフィール】*作品画像は参考画像です。展示されるものとは限りません。

ago.jpg

吾郷 佳奈 Ago Kana

1993 年 生まれ。島根県出雲市出身。
2016 年 京都市立芸術大学美術学部油画専攻卒業。
2018 年 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了。 
 
アクリル板、鏡、油彩、布など、様々な素材や技法を用いて「自画像の方法」を探っています。自他の境界をなぞり重ねることで、不明瞭なわたしの輪郭線が、朧げながらも見えてくることに期待しながら作っています。 
 
【主な展覧会】
2019 吾郷佳奈・山田千尋「おひろめ」、Powder plant、京都
2020 個展「エンドレス」、同時代ギャラリー、京都
2020 こえる、境界線、no-mu / studio 10 ㎡、京都
2021 個展「をちこちのここのとこ」、同時代ギャラリー、京都
2022 VOU/ 棒 7thAnniversary ARTISTS' FLEA VOU KYOTO2022、VOU/ 棒、京都

reselfie 3 .jpg

吾郷佳奈 | 『reselfie3』 | 2021


 

inagaki.jpg

稲垣 美侑 Inagaki Miyuki

1989 年 生まれ。神奈川県出身。
2014 年 東京藝術大学美術学部絵画科油画卒業。
2015 年- 2016 年 ナント美術大学(フランス) に留学。
2021 年 東京藝術大学大学院美術研究科後期博士課程修了。
 
【主な展覧会】
2019 「パラランドスケープ " 風景" をめぐる想像力の現在」、三重県立美術館、三重
2020 「The Noisy Garden, The White Crypt うるさい庭、白い地下室」、ArtTrace Gallery、東京
2021 「自然とともに生きる海女とアーティスト 昔と今。」、鳥羽市立海の博物館、三重
2021 「HOLBEIN ARTFAIR 2021」、渋谷スクランブルスクエア、東京
2021 個展「ぐぜり Subsong」、Clear Gallery Tokyo、東京
2022 個展「息をする spirare」、Gallery Gigi、神奈川
2022 個展「草むらの音素」、PlumGallery、東京

inagaki_02.jpg

稲垣美侑 | 『Touch of the Garden-01』 | 2021


 

kihara.jpg

木原 結花 Kihara Yuika

1995 年 生まれ。大阪府出身。
2019 年 大阪芸術大学大学院芸術研究科博士課程前期修了。
 
【主な展覧会】
2016 第15 回写真「1_WALL」展、ガーディアン・ガーデン、東京
2017 「A-Lab Artist Gate 2017」、あまらぶアートラボ「A-Lab」、兵庫
2018 「写真的曖昧」、金沢アートグミ、石川
2019 「BelfastPhoto Festival」、イギリス、北アイルランド
2021 「あざみ野フォト・アニュアル とどまってみえるもの」、横浜市民ギャラリーあざみ野、神奈川

作品画像1.jpg

木原結花 | 『椅子』 | 2022


 

daito.jpg

大東 真也 Daito Masaya 

1995 年 滋賀県生まれ。
2018 年 京都精華大学大学院博士前期課程芸術研究科立体領域卒業。
 
主にガラス製の既製品に熱を加え変形させた作品を発表しており、
何十本ものガラス瓶が溶け合わさった塊のような作品と、ガラス瓶の首の伸びた作品に大別出来ます。熱を加え重力に従って変形させる様を提示する作品や、大量のガラス製品を自作の窯のような装置で溶かすパフォーマンス作品、空間へアプローチをしたインスタレーション作品なども制作しています。
 
【受賞歴】
2017 第71 回滋賀県展・芸術文化祭賞、大賞
2018 平成30 年度滋賀県次世代文化賞受賞
2019 第7 回彫刻コンクール・審査員賞
2020 Kyoto Art for Tomorrow 2020 ―京都府新鋭選抜展― ・産経新聞社賞
2022 Kyoto Art for Tomorrow 2022 ―京都府新鋭選抜展― ・産経新聞社賞
 
【主な展覧会】
2018 個展「必然的な事だが偶然的な運命」、KUNSTARZT、京都
2019 「REKE UP !」、ホテルアンテルーム京都、京都
2019 「六甲ミーツ・アート芸術散歩2019」、六甲山周辺、兵庫
2019 「untamed vol.1」、COHJU contemporary art、京都
2020 「Kyoto Art for Tomorrow 2020 ―京都府新鋭選抜展―」、京都文化博物館、京都
2020 「A-Lab Artist Gate 2020」、あまらぶアートラボ「A-Lab」、兵庫
2020 「ウィルヘルミーの吊り板」、MEDIA SHOPgallery2、京都
2021 「間を抜く、或いは」、両足院【建仁寺内】、京都
2021 「Time/Age」、ZAB GALLERY、東京
2022 個展「創造と喪失の輪廻. Reincarnation of creation and loss」、KUNSTARZT、京都
2022 「Kyoto Art for Tomorrow 2022 ―京都府新鋭選抜展―」、京都文化博物館、京都

⑥Accumulation of memory.jpg

大東真也 | 『Accumulation of memory』 | 2019