A-LAB Exhibition Vol.35
「目で目は見えぬけれども」
 
【関連イベント アーティスト・トーク 申込受付中!!】
 
11月27日(日)午後2 時〜午後4 時、美学・感性学を専門とする近畿大学文芸学部の准教授の岩城覚久氏と追手門学院大学社会学部教授の松谷容作氏をゲストに迎え、出展作家とのトークイベントを開催いたします。
 
定員先着15 人。メール(amalove.a.lab@gmail.com) で申込必要。
イベント名・氏名・年齢・電話番号・人数を明記ください。
 
なお、新型コロナウイルス感染症の状況によってはイベントを延期・中止することがあります。最新の情報はホームページをご確認ください。

【トークゲストプロフィール】

hp_iwaki.jpg

 
岩城覚久 Akihisa Iwaki
 
近畿大学文芸学部文化デザイン学科准教授
専門:感性学
 
共著書にVirtual Images:Trilogy of Synthetic Realities(Buechner-Verlag)などがある。
 
 

hp_matsutani.jpg

 
 松谷容作 Yosaku Matsutani
 
 追手門学院大学社会学部社会学科教授
 専門:美学
 
 共著論文としてLiving Images,Inert Humans:Vitality of the Images Appearing in Chromatophony and A Wave(The proceedings of The Sixth Transdisciplinary Imaging Conference:Dark Eden)などがある。

 



 
 
 A-LAB Exhibition Vol.36
「はしもとみお木彫展 いきものたちとのくらし」
 
【関連企画 尼崎のいきものの写真を大募集!!
 
尼崎の風景(屋外、屋内どちらも可)といきものが写っている写真を募集いたします!!いきものたちが、尼崎で暮らす様子をぜひ送ってください!!
いただいた写真は展覧会で展示させていただきます。
写真をお寄せいただいた方から抽選で3名の方にポストカードをプレゼントいたします!!
 
募集期間:11月7日㈪~ 12月18日㈰
 
募集内容:尼崎の風景(屋内外どちらも可)といきものが写っている写真とエピソード。応募用紙に写真を貼ってエピソードを記入してください。応募用紙はペンや色鉛筆などを使ってご自由にお書きください。
 
対象:どなたでもお送りいただけます。
 
受付方法:郵送またはメール。もしくはA-LAB 開館時にお持ち込み可。
 
参加費:無料。(ただし送料等は応募者負担)
 
応募方法:応募用紙を以下よりダウンロードしてください。印刷し、用紙に写真を貼付け、記入例を参考に必要事項を記載いただき封筒に入れてお送りいただくか、メールで用紙のデータをお送りください。もしくは、A-LABの開館日時にお越しいただき受付にお渡しください。なお、応募用紙のダウンロードが難しい場合はA-LABに用意しておりますので受付でお申し付けください。
 
【郵送の場合】
〒660-0805 兵庫県尼崎市西長洲町2-33-1 A-LAB
「はしもとみお展担当」までお送りください。
 
【メールの場合】
 amalove.a.lab@gmail.com 
件名に「はしもとみお展写真応募」と記入の上、お送りください。
 
【A-LABにお持ち込みの場合】
12月11日㈰までの平日:11時~19時、土日祝:10時~18時。
*火曜日、12月12日㈪以降は展示替えのため休館。

 

*注意事項
・応募は原則一人1 点のみ。
・応募作品は返却できませんので、ご了承ください。
・この募集は、作品のコンテストではありませんので、受賞作品等の選出はありません。
・応募作品は広報等に使用する場合があります。
・応募者の個人情報(住所・氏名・電話番号) は、必ずご記載ください。
・個人情報については、本作品展の運営以外に使用することはありません。
・プレゼント抽選の当落発表および発送は1月を予定しております。
 
 
 

記入例.jpg