NHKで放送中の人気アニメ「忍たま乱太郎」。原作「落第忍者乱太郎」の作者・尼子騒兵衛さんは尼崎の出身・在住で、登場人物の名前には沢山の尼崎の地名が使われています。今回、子どもたちに尼崎ゆかりの作品を身近に感じてもらおうと、有限会社尼子事務所のご協力のもと、セル画展を企画しました。
「忍たま乱太郎」は1993年から放送が始まり、今年24年目(第24期)を迎えるNHKの最長寿番組ですが、第1期~第8期(2000年)まではセル画で制作、それ以降はコンピュータグラフィックで制作されるようになっています。今回、最後のセル画である第8期の放送用セル画を中心に、コンテや下絵など関連資料を展示します。
 
開催日時
平成28年8月6日(土)〜9月19日(月・祝)(火曜日休館)
開館時間
(月・水〜金)午前11時〜午後7時
(土・日・祝)午前10時〜午後6時
入場料
無料
主催
尼子事務所 尼崎市