この度、あまらぶアートラボ「A-Lab」(えーらぼ)にて、「まちの中の時間」プロジェクト「ロケーション・ハンティング」ヤマガミユキヒロ展を開催します。本展覧会は2015年に開催されたA-Labオープニング展覧会「まちの中の時間」をキックオフとする一連のプロジェクトによるものです。
ヤマガミ氏は昨年度の展覧会終了後、尼崎に住んでいる人・働いている人などから「私の好きな尼崎の風景」を募集。その場所を丹念にロケハンし、制作した新作を中心に発表します。作品には尼崎のまち・人々によって紡ぎだされる様々なストーリーの断片たちが織りなされています。また、ヤマガミ氏が表現するキャンバス・プロジェクションとは、モノクロの風景画の上に、定点撮影した映像を重ねて投影する手法。時間の移り変わり、季節のうつろいの空気の流れを繊細に映し出します。
10月に市制100周年を迎える尼崎市。本展覧会が、尼崎に流れる「ストーリー」と「時間」を改めて見つめる機会となれば幸いです。
 
日時
平成28年10月1日(土)~11月27日(日)(火曜日休館)
 
開館時間
(月・水~金) 午前11時~午後7時  (土・日・祝) 午前10時~午後6時
 
関連イベント
10月29日(土) 14時~15時  「アーティストトーク ヤマガミユキヒロ×平田剛志」
平田剛志氏(京都国立近代美術館研究補佐員/美術批評)をお招きし、本プロジェクトや作品制作について、またヤマガミ氏が近年に興味を寄せる「風景画」についてクロストークするアーティストトークを開催。定員30名、申込不要。当日会場へ。
 
協力 Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]
 
 
ヤマガミユキヒロ
ヤマガミさんプロフィール写真2.jpg
1976年大阪府生まれ。2000年京都精華大学美術学部卒業。主な展覧会に「六甲ミーツ・アート芸術散歩2013」(六甲山/兵庫 2013)、「窓の外、恋の旅。/風景と表現」(芦屋市立美術博物館/兵庫2014)、「TARO賞の作家Ⅱ」(川崎市岡本太郎美術館/神奈川 2014)、「テンプス・フーギット—大山崎山荘とヤマガミユキヒロの視点」(アサヒビール大山崎山荘美術館/京都2015)、個展「Noises,Crowds,and Silent Airs」(GalleryPARC/京都2015)、「たかさき発!鉄道とアートの旅」(高崎市美術館/群馬2015)、「まちの中の時間」(あまらぶアートラボA-Lab/2015)など。